こじらせているOLの毎日

仕事して映画観て二次元に恋をして26歳になった。

オタ活の効率化を目指して

ジャンルの多様化と流動化によって数ヶ月前に特定のジャンルで仲良くなったツイッター上のフォロワさんと数ヵ月後にはもう共通の話題ができなくなるという事態に悩んでます。

特にアニメきっかけに出会うと、放映中がピークなのでそうなりがち。

 

具体的に話すと、

キラッキラの超絶前向き男子高生が自分の夢に向かって邁進するという作品の沼に落ちる。数年前に1期を放送していて、今年の6月に2期が終わった。2期では既出キャラクターそれぞれの人間関係に迫っていて、尚且つ魅力的な新キャラクターの投入があった。

4話まで見たときには円盤全巻を一気に予約するほどの沼に落ちていた。まさかの4話放送で全巻購入。判断のタイミングが早すぎる。だが、後悔はしていない。


当時は猛烈に熱いジャンルだった。ペンライトを振りながら地上デジタル見てた。実家だから親が背後で唖然としてる中、私氏ガチ泣き(26歳・OL)。ほんとに勇気をくれる偉大な作品で彼らが頑張るのを見るのが毎週の楽しみだった。

 

だが、それ故に、アニメの放送が終わった途端、恋人と別れたみたいに心が空っぽになった。
あまりの虚無感に耐えられなかった。寂しかった…

3ヶ月間、少年たちの笑顔と頑張りに心を癒されてきた。それが急に無くなったもんだから、最終回放送された次の週なんて、「テレビ前待機なう」ってツイートしてから、あれ?違うアニメやってる、あぁ、そっか終わったんだっけか…(遠い目)みたいになってた。
1週目は実感がわかなくて、麻痺してるからダメージも少ないんだけど、2週目以降が辛い。2週目~3週目、辺りになると、他に萌を供給できるものは無いかと、心のよりどころを探し始める。

 

ここが分岐点だったと思う。【録画を見返す】を選択しておけば、この作品を通じて知り合った人と長く付き合えていたかもしれない。でも、私は萌をくれないとイタズラどころでは済まない殺す並みの禁断症状に侵されてた。冷静に判断できなかった。


ただ心を満たしたかった私が選んだ選択肢は【タブレットという無限地獄から何かを釣り上げる】だった。あれだけ好きだったアニメを完結したものと見なし、戻らなかった。


この御時勢、スマホタブレットを持っていれば誰でもゲームをダウンロード出来る。24時間、アプリストアに駆け込めば、新しいジャンルを簡単に開拓できる。

興味本位で無償でダウンロードできて、興味が出なければやらなきゃいいし、しっくりくれば真剣にプレイすればいいし。フリーダム。
しかも、最近のアプリは無料の割にクオリティが凄まじい。無課金勢でも十分楽しめるのが最近のアプリのすごいとこ。

と言っても私は純無課金勢ではありません。

推しが可愛い顔してるSSRが出た時だけ髪を振り乱しながら涎を撒き散らしてイベ走ります。床を掃除するのはお母さんと既婚者の姉。

 

でもまぁこの類のアプリは闇が深いので、結局手に入らないこともざら。でも落ち込みません。

なぜなら課金とは、推しを手に入れるため、そして公式様の今後の繁栄を祈っての行為。推し目当てに金積んで60連して、それでも一枚も推しが来なかったとき、落ち込みます。それは回避できない。

でも、ムダではない。その課金は、無料でアプリを提供してくれてる公式さんに感謝の気持ちを伝える為の課金です!!

胸を張るんだオタクたち。

 

(大分話がずれました)

そうして私はアイドルゲームアプリ(今度はリズムゲーム)に見事に沼落ちしました。そのせいでまた新たな仲間たちをフォローしたくて堪らないという。この無限ループ!いい加減学んで。


思い入れのあるアニメ作品が終わってしまう寂寥感。(これ自体結構辛い)

そして、その寂しさを埋めようと他のジャンルに手を出し、その結果ジャンルがどんどん移行していく愛の浅さ。これじゃ結局、何も愛せていない!!

 

ということで、今回考え直した結果、一つの作品がアップデートされ続けるゲームアプリを愛したほうが、自分の性に合っていると思いました。実際、今年一番息の長いジャンル(最推しがいる)は今年の1月のリリースからずっとイベ追えてるし飽きも来てないし萌えるし推しは相変わらず可愛いし照れたりするし怒ったりするし笑ったりするし最高胸熱。

 

ツイッターのジャンルすれ違い問題は解決しそうにないですが、これから一つのジャンルを長く愛せば、オフ友とも長く付き合えるんではないだろうか。そしたら自然と解決できる気がします。

課金するなら一つの作品を深く愛して育てていきたいな。課金前提とか怖すぎるな。

読書の秋

今週のお題「読書の秋」

子供の頃大嫌いだった読書。昔あんなに毛嫌いしていたのに今は時間があれば活字と時を共にしている。読んだり、書いたり。 

今熱心に読んでいるのがこちら。

Fate/Zero 全6巻完結セット (星海社文庫)

Fate/Zero 全6巻完結セット (星海社文庫)

 

 この作品リアルタイムでアニメを見て完全に引き込まれた。

あの頃の私は大学2年生。丁度ゼミが始まって、ゼミの友達に偶然ファンがいて、そんな仲良くないのに二人で聖杯戦争展にまで行くほどのめりこんだ。(あんま仲良くないのにジャンル被った途端本領発揮するオタクによるコミュニケーションの底力)

当時はストーリーが難しかったというのもあり、作品の良さを100%理解できないまま、イベントに赴きました。あれは、完全にキャラクターの愛だけで行ってました。

当日、声優さん登壇有りのイベント整理券が入場者全員に配られ、見事にあたり、しかも整理番号10番台という奇跡。私はその日、中田譲治さんと小山力也さんとハイタッチをしました。立ち見の人のところからハイタッチしながら走って登壇してきたおじさん二人にめろめろでした。

そしてその数年後、FATE/ STAYNIGHT UNLIMITED BLADE WORKSを見て、アニキに弟子入りしたいと思い、 

 またまた数年が経ちFATE GRAND ORDERの配信が始まった。

配信当初、まず子ギルに発狂した。その後、召喚に応じてくれたディルムッド通称幸運Eを絶対に幸せにしてやると誓って聖杯を持たせてやり、霊基再臨のために素材をかき集めて、結果ディルムッドしか育たず。その一方でオルタニキのために1万5千円課金するが、ネロばっかり私の元へやってきてアニキは一向に出ず。章を進めていくうちに頭を使ったターン制ゲームが出来ないということに再度気が付いた私は、第四特異点ローマで脱落しました。(ターン制ゲームが出来ないのはff10で実証済み)本当はブリテンまで行きたかった。トリスタンやガウェインの顔に会いたかった。ガウェインの”顔”に。

 

冒頭へ。

丁度三巻まで読み終わり、同じシーンをアニメで見たが、カットされているところが多いと思った。ギルがセイバーを性的な目でみるシーンは見せ場だと思ってたのでアニメで絶対あるだろ!と思ったら、ギル(CV:関さん)は希望の台詞を言っていなかった…

アニメ見た人こそ、ノベライズを読んでで欲しいと思いました。小説だけだとイメージできないシーンがあるから、アニメ見て、小説読むと物語に深く入り込める。

 

F/ZERO読み終わったらPROTOTYPEに手を出したいです。

 

 

映画『タイピスト』と、シャボン玉と有休

スカートのふわっとしたボリュームとキャリーマリガンみたいなえくぼの可愛いヒロインがとっても可愛くて目の保養だった。いい話だった。私も厳しいコーチと熱い恋愛したい。このように、10歳でも書けるような感想を26歳が書いてます。精神年齢の底が知れる。

 映画を見た直後の印象が、服と景色と俳優の顔くらいしか残っていないので、こういった感想は書かない方がいいのかも知れない。

タイピスト!(字幕版)
 

 

給湯室に置いてある洗剤を手に取ったら、それが偶然半開きになっていてシャボン玉がふわっと出てくるのが大好きです。はぁーやっと帰れる、って弁当箱を流しに出して洗剤とったらちっちゃいシャボン玉がブワッて吹き出したおかげでメルヘンな給湯室出来上がった。少し疲れが取れた。給湯室は新入社員の流す青春の涙とお局の悪口のたまり場で怨念がすごいけど、たまにシャボン玉も飛ぶ。あの虹色のマーブルと球体の平和感。怨念とすごい遠いところにいる。

シャボン玉ってなんでいつまで経っても見るとワクワクするんだろ。よくベランダ(たまにお風呂)でシャボン玉遊びしてたら「玉の弾けた洗剤の跡でベランダが汚れるからやめなさい」って母親に怒られてた。

 

明日は有休。爆弾かも知れない大層な仕事を先輩に押し付けてきた。有給とる日に限って厄介ごとが多い気がする。先輩を修羅場に置き去りにして、私は推しを五感で感じてきます。

ココ・アヴァン・シャネル

本日みた映画。ココ・シャネルの伝記映画です。 明日からの平日に備え、シャネルのネイルを塗りながら鑑賞。色は559: FRENZY.

ネタバレあります。

f:id:skhym:20170918230237j:plain

 

今まで化粧品とツイードのイメージが強かったシャネルだったけど、メンズライクの基盤を作ったというのは意外だった。私はエルメスの方がメンズっぽさを感じていた。何故なら馬がロゴに入っているからだ!当時乗馬は男性の遊びだった(ような気がする)!

ココ・シャネルがどんな女性かというと、女性がパンツを履かない時代にパンツをはいて、女性が白ばかり着ている時代に黒を着て、時に男性と混ざって乗馬をして、最後は居候していた屋敷の人に富と名声の為に働きたい!と自分の意志を貫く女性です。彼女は本当に勇敢です。家族のバックアップがあれば勇敢になれるかもしれないけど、彼女は孤児で家族の繋がりがあるのは姉だけ。でもお姉さんも結婚できる男性と結婚する事が叶わず、(遊ばれたのかは映画ではわからなかったけど)最終的にはシャネルのアトリエで働いてた。

シャネルは最愛の人とは結ばれません。結婚できないのです。でも、愛人だけどお互い愛し合っていたみたい。

でも、英国紳士の最愛の彼は交通事故で亡くなります。シャネルがパリで帽子屋さんを開業して少し経ったあたりのこと。私はこのとき安全運転をお願いしますと心から思った。(ダイアナ妃の伝記映画を先週見たので尚更。これも忘れる前に感想書かなきゃ)

途中でシャネルが部屋着にサンジェームスのボーダーカットソーのようなものを着てて、これ年代いつでした!?ってなった。今もう一度最初のシーン見返したら1900年頃だった…流行は巡る~ 

 

10分感想文の筈なのに20分も経ってしまった。ざっくりいきます。喪女の印象に残ったものは以下の通り。

シルクパジャマ…ベッドシーンでよさそうな光沢感の物をお召しになっていた。

煙草…最初の子供の頃のシーンから最後まで、煙草のシーンが多いし長い。シャネルのキーアイテムなのだろう。トルソーと向かい合うとき、デザインを考えるとき、真剣になるときは常に咥えてた。

ツイード…おかんがツイードジャケット見せて「これシャネルなの!」って言ってた印象が強くて個人的にシャネル=ツイードのイメージ。やはり映画の中でもツイードの生地いっぱい出てきたけど全部可愛かった。私は白、紺、青地のツイードが好きです!

ノーカラージャケット…はい!可愛い!

究極のシック…はい!言葉のまま!!

 

感性磨けた気がする!エルメスの事も知りたい!

 

推しの為に体に穴をあけた話

オタク誰しも推しというのがいると思う。推しの笑顔が見たくて仕事をして稼いで、稼いだ金でグッズを買い、ライブがあるならチケット争奪戦に挑み、負ければ金を積んででも推しの笑顔のために現場に行く…。そういう推しが誰しもいると思います。(いない人もいるだろうけど)

今日はそんな推しの為に耳に穴をあけた話をします。まぁ、この世界に生まれ落ちた瞬間から耳に穴は開いてるんですけどね。うん。

 

私の推しは某アプリゲーム17歳男子高生です。お判りいただけますでしょうか。私の推しは実際に触れられない次元にいます。でも推しだから、次元とか場所とか関係ない。どこにいても推し推し

推しの出てくるゲームとの出会いは6月2日。その時はまさか耳に穴開けちゃうほど推せる人物に会えるとは思ってもいなかった。

最初は「いいストーリーだぜ」と涙ぐみながら片手にハンカチ持ってゲームを進めてました。ここまではまだ私はしっかり現実に地に足付けてアプリゲームを楽しんでます。

で、私の推しが出てきたのは6月半ばくらい。あえてアプリ名は言いません。

メインストーリーを進めていくに連れて新しい登場人物が出てくるんだけど、メインストーリー4つあるうちの3つ目で推しが出てきた。

出てきたときはただの粋がっている男子高生だと思ってて、好きどころか不快でしょうがなかった。

でも、そんな彼が、ストーリーで人生初めての挫折を味わいます。 そして、改心。ここでわかったことは、

 

手がかかる子ほど可愛い。

 

まさにこれ。これ以外のなんでもない。

目標を見つけた推しは今も仲間たちと切磋琢磨して一生懸命頑張ってる。

で、推しの右耳にね、ピアスが3つあいてるのよ。多分、耳たぶ2つとヘリックス1つ(推測)。で、私は思ったわけ。オソロにしたろと。

これ、社会人4年目のOL 26歳の思考。びっくりする。学生がやんちゃな時期に「耳にnew holeあけましたwwwwワロwwww」じゃない。社会に出て4年経った大人がしっかり前を見据えて「推しの耳とオソロにしたくてnew holeあけました(真顔)」だもん。絶対に誰にも言えねぇwwww

6月中旬に推しに出会い、沼落ちし、7月1日にはヘリックスが誕生してました。産まれたて。孫じゃなくてごめん。

それを見た母の反応「〇×※*▽◆!?!?」決して二次元の男子高生とオソロにしたんだゾ★とは言えなかった。だって明らかに穴あいてる私の耳を見ながら「こ、これは、穴が開いてるんですか…?」って聞いてくるから。錯乱してる。口調がおかしい。いつも「喪女ー!あんた実家にいるんだったら洗濯もの以下略」「喪女―!!あんた彼氏以下略」「喪女ー!!!」「こら喪女!!!」「喪女あんたねぇ!!」という具合の母親が、敬語。

お母さん、ごめんね。人生を楽しむためには思い切りも必要だったんだ…。

 

晴れて(?)お揃いの耳になった推しと私。穴開けてから、推しの付けてるピアス(と似たようなもの)を探しに原宿の竹下通りを10年ぶりに下ったりした。

9月はこのゲームのイベントがあるので、有休をとりました。推しとお揃いのピアスをつけて参戦する予定。

そういやこないだ酔った勢いで会社の上司にアプリゲーム内の課金制について説明したら「絵の為にお金使うの!?」って言われたけど、あれ、どういう意味だったんだろう。うーん。価値観の相違!分かり合えない!

(500) Days of Summer.

映画の感想を10分間で書くっていうのを1か月に5回以上、続けようと思う。1週間続いたらよくできました。1か月続いたら素晴らしい。3か月続いたら奇跡。

 

本日見たのは(500) Days of Summer. ネタバレあるのでお気を付けください。

 

見る前は夏のワンナイトラブかと思いきや、なんだこれ主人公の男の子の成長日記。てか見終わった後にDVDのジャケット見たら「サマーに恋をした…」て書いてある。見る前の印象がパリピなの謎すぎ。

見始めて即行、男の子が ミスチルの桜井さんに似ていると思った。それが、中盤まで見ると徐々にディーンフジオカを意識させてくる。最初はもさいのに、徐々にかっこよく見えてくる。見慣れるのだろうか。ちなみに、桜井さんがもさいとかそういうのではない。

喪女だからラブストーリー見ても何とも思わないし、そもそも頭悪いから映画の深読みとか全然できない。そんな私が感想文を書いている前提を忘れないで続きを読んで欲しい。

映画を見終わって思ったことは『恋愛では男も女も追いたいんじゃ~』ってこと。サマーも結局自分じゃなくて、読んでた本に興味を示した男性と結婚したし。男の方は追杉。ほんとに追杉。

サマーの気持ちはわからなくはない。友達でいる方が楽しいし縛られないし気楽だし。でもセックスしたら恋人だろ!!と喪女は思った。喪女にはわからない。どの域からセックスしていい人と見なしていいのかわからない。多分、世間一般では、恋人からだと、思うんだけど…、この答え、定期考察並みに自信ない。

あと公園で卑猥な言葉を大声で叫ぶシーンは目が点だった。素面だったか確認するため、一度巻き戻したけどお酒を飲んでいるシーンはなかった。素面でおちんちんって叫べるメンタル私も欲しい。

 

 

 

ピラフの丘

仕事から帰ってくると一日何もやってないなって思う。
9時出社して17時30分まで働いて、その間自由に行動できる時間は昼休みの僅か一時間のみ。そりゃそんな気分にもなる。だって、拘束時間長すぎる。
でも、退勤したときの快感は堪らん。時間にもよるけど19時前までに退勤できたときの快感、ぱねぇ。金曜日の18時30分退社とか背中に羽生える。ラファエルもびっくり。

ラファエル 16202 Raphael

ラファエル 16202 Raphael

 

 

うちの会社食堂があるんですけど、今日はスイーツ女子みたいな献立だったの。サラダ・ビシソワーズ・チキンソテー・キッシュ・ホタテピラフ。
すごく美味しくて仲良し女性3人(よく食堂行く組)は歓喜。いつも「味こいわ!」「茄子の味こいわ!」「こいわ!!」って3人で食べてるけど今日は頭に花咲かせて「おいしいね~」「ね~」「ね~」ってすっごく優雅なカフェランチ(食堂だけど)した。
3人で優雅にご飯食べてたら、部長代理が通路を横切った。そこで私ら目を疑う。
いつも牛丼とか入れる丼にピラフめっちゃ盛ってた。丼に丘出来てた。ダンボール敷いて滑れるくらいの丘できてた。
そこで私たち三人、目が覚めた。ここ食堂ですやんって。
あーでもキッシュおいしかったな。火曜日は毎週洋食でわくわくです。ちなみにうちの食堂は茄子を使った料理が毎回味が濃いことに定評があります。塩分濃度を理由に逝ったおじいちゃん役員がいなくて今日もうちの会社は平和です。